アレルギー科
allergy

ホーム > アレルギー科

アレルギー科の診療について
About

アトピー性皮膚炎・喘息・食物アレルギー・アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、花粉症などのアレルギー疾患を扱います。

  • スギ・ダニの舌下免疫療法を行っています
  • エピペン®も処方可能です
アレルギー科の診療について

毎週水曜日午前は鬼澤裕太郎医師が茨城県立こども病院でアレルギー専門外来を行っているため、不在です。
※食物アレルギーや喘息の長期管理などの相談は水曜日を避けて頂ければ幸いです。
※接触皮膚炎の検査をご希望の場合は、鬼沢沙織医師診察日に来院をお願い致します。

当院で可能な検査
Check up

血液検査

血液検査

アレルギー検査は基本的には外注の検査となり、後日結果をご説明します。
また、ヤケヒョウヒダニ、ゴキブリ、ネコ皮屑、イヌ皮屑、スギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギの8項目に限った簡易検査(ImmunoCAP Rapid)は指先から採血して、20分で結果をお伝えできます。

皮膚テスト(プリックテスト/パッチテスト)

食物アレルギーや薬物アレルギー、接触皮膚炎を疑った場合に行います。

呼吸機能検査

呼吸機能検査

喘息の診断・管理に用います。6歳から実施可能です。

食物負荷試験

食物アレルギーの診断に行います。実際にアレルギーの原因食物を院内で食べてもらいます。
症状出現時は院内で速やかに対応します。
基本的には予約制で、午前ないし午後の診療開始時に行います。

呼吸NO検査

呼気NO検査

呼気NOは気道の好酸球性炎症を反映するため、喘息の診断・管理に役立ちます。
6歳頃から行えます。

WEB予約
gotop