お知らせ
news

ホーム > お知らせ > ヒトメタニューモウイルス検査について

ヒトメタニューモウイルス検査について

2018.04.23

ヒトメタニューモウイルスの流行時期となりました。

あまり聞き慣れないウイルスかと思いますが、2001年に発見されたウイルスです。

(200年前より存在していたようですが)

症状はRSウイルスと似ていると言われ、いわゆる「かぜ」で済むものから、

ごく一部ゼーゼーを伴う肺炎などを引き起こすこともあります。

症状がなく気づかれない不顕性感染も多いといわれています。

生後6か月頃から初感染が始まり,2歳までに50%,5歳までに75%,遅くとも10歳までに

一度は感染します。RSと同じく人生の間で何度も感染します。

一年中感染の機会はありますが、流行期は3-6月で、インフルエンザのあとに流行します。

潜伏期間は4-6日で、ウイルス排泄は1~2週間持続するとされています。

残念ながら、現時点ではインフルエンザのように特異的な治療はなく、他の風邪と同じく対症療法

が治療の中心となります。

 

ヒトメタニューモウイルスの迅速検査(インフルエンザのように鼻から行います)は2014年に

保険適用となりました。

従来は、「画像診断(X線など)により肺炎が強く疑われる6歳未満の患者」が適応となって

いましたが、2018年4月の改正により、聴診など理学所見で肺炎が強く疑われた場合にも

適応拡大されました。これに合わせて当院でも検査キットを導入しました。

感染力が非常に強いことから、免疫力が低下して重症化リスクが高い方が多い病院などでは、

感染管理の観点(部屋を隔離するため)から迅速検査が行われる機会が多いです。

一方で、特異的治療がないことから、外来診療ではまだあまり多く行われる検査ではないと

思われます(ロタやノロの検査があまり行われないのも同様の理由です)。

重症例では発熱が5日程度続いたり、肺炎を引き起こすため、これらの原因検索に用いられる

ことがほとんどかと思われます。

重症でない咳、鼻水の方は、インフルのように痛い思いをして検査するメリットはないので、

これまでどおり風邪だと思って対応して頂ければ十分です。

不顕性感染が多いこと、ウイルス排泄期間が長いこと、感染力が非常に強いことから、保育所など

集団生活を行う場で感染をコントロールすることは残念ながら不可能と考えられています。

飛沫感染なので、手洗いなどは有効です。

 

ご不明な点があれば、診察時にお気軽にご質問ください。

 

参考:小児科診療2015年10月号